今までにない新発想。凍結真空乾燥法(フリーズドライ製法)で「防腐剤完全無添加」を実現。

freezedry01

新発想の凍結真空乾燥法(フリーズドライ法)

凍結真空乾燥法(フリーズドライ法)は、約50年程前に主に食品を保存する技術として開発されました。この技術は、凍結した食品に対して減圧し、真空状態にして熱を伝えることで食品中の水分を昇華させる乾燥技術です。

凍結真空乾燥した食品は、原形がそのまま保持され、色や味などの変化が起こりにくいという特徴があります。さらに、氷の結晶部分が微細な空洞として残るので、水分を加えると、この微細な空洞に水分が浸み込み、水に戻した場合の復元性・再現性が良いなどの多くのメリットがあります。

美容液の場合、食品とは異なり複数の成分を配合しているため、最も効率よく凍結させる温度帯や時間を見つけ出すのが難しいこともあって化粧品への応用は進んでいませんでした。 しかしながら、当社では独自の熟練した技術と経験を生かし、化粧品のフリーズドライ加工を実現いたしました。

無添加 ≠ 「防腐剤完全無添加」

この独自のフリーズドライ法により、無添加ではなく、「防腐剤完全無添加」を実現。大切なお肌に直接触れるものだからこそ、熟練したスタッフのオペレーションのもと、その多くの過程を手作業でおこなっています。さらに、当社の製造工場では厳重に管理されたフリーズドライ専用のクリーンルームを新設。また、施設の空調や使用する機器には徹底した衛生管理を施し、細心の注意を払って製造しています。

フリーズドライコスメの主なメリット

  • 防腐剤完全無添加美容液の長期間保存が可能

    防腐剤を一切含まない完全無添加の配合成分は、液体の状態では長期間保存することができないため、凍結乾燥の状態にすることで、使用する直前まで鮮度を保つことが可能になります。

  • 美容成分をお肌に最も効果的な方法で与える

    注目の原料であるEGFなどの美容成分は、液体の状態ではすぐに変性してしまいます。また、アルコールや防腐剤に長い間触れると、有効成分が持つお肌への効果が低下してしまいます。そこで、凍結乾燥状態にすることで、美容成分の変性・効果の低減を防止することが可能となります。

  • お肌にフレッシュな成分を与える

    新鮮なフルーツを口にしたときのような瑞々しさをお肌にも手軽に与えたい。