ニュース

DDS化粧品の「CELVIT」へのブランド統合

2019年03月25日

DDS化粧品の「CELVIT」へのブランド統合

弊社の開発するDDS化粧品につきまして、今まではいくつかのブランドに分かれていましたが、よりお客様に伝わりやすいように、今後さらなるブランディングを行うために、全て「CELVIT(セルビット)」ブランドに統合いたします。
今後ともよろしくお願いいたします。

celvit-dds

DDS化粧品への取り組み

2003年
京都大学の再生医療における世界的な研究成果であるDDS(ドラッグ デリバリーシステム)技術を利用した、世界初のDDS化粧品を開発。

2005年
京都大学の監修の下、DDS化粧品の原料を宮崎工場で生産開始。

2009年
基礎的なDDS技術の効果的をさらに高めるため、ナノソームカプセルを開発。
DDS+ナノソームの組み合わせを世界で初めて可能にした。

2010年
従来のDDSは三次元ゼラチンを使用していたが、新たに京都大学との契約でDNAを使用した新DDSを開発。
現在に至る。

*化粧品に対してDDS(ドラック デリバリー システム)を世界で初めて取り入れ、技術面では世界的に再生医療の分野を牽引する京都大学との提携する弊社のブランド力は他社には真似できないものであり、また、東京大学内にラボを有している唯一の化粧品会社である。

Published in ニュース on 2019年03月25日 by Curato Japan